GIMPで画像を合成する方法

今回使用する写真について


■撮影している男性の写真
http://www.ashinari.com/2012/06/06-363066.php
■桜の風景写真
http://www.ashinari.com/2013/06/10-379042.php

写真素材 足成【フリーフォト、無料写真素材サイト】」から上記写真を利用させていただきました。当記事の例を再現(練習)したい場合は、上記の写真をお使いください。

人物を切り抜く

画像ファイルの読み込み

画像ファイルを読みこんだ後に、レイヤーの部分を右クリックして、「アルファチャンネルの追加」を選択してください。この作業を忘れると、切り取った後の背景が透明になりません。

切り抜き

・自由選択ツール
・前景抽出選択ツール
・電脳はさみツール
・パスツール <=今回

切り抜きには上記あたりが使えるかと思います。今回は、パスツールを使いました。ツールボックスの「パスツール」アイコンを選択した後に、切り取りたい人物の部分をマウスでクリックしながら囲んでいきます。

囲めたら、下の方にある「パスを選択範囲に」をクリックします。

その後、
・メニューバーの「選択」->「選択範囲の反転」を選択
・メニューバーの「編集」->「切り取り」を選択
を行うと、人物の部分が残り、背景部分は透明の状態になります。


この状態になります。

別の写真に人物部分を合成する


合成したい写真を別のレイヤーに読みこみます。レイヤー部分の「目」のアイコンのようなものをクリックすると、そのレイヤーの表示・非表示が切り替えられます。

合成したい写真のレイヤーは人物より下にしてください。

あとは、合成したときの違和感を少なくするために、変形ツールを使います。

・鏡像反転 ->桜の背景を左右反転させるのに利用
・移動 ->人物を下の方に移動

今回は上記のような加工をしました。必要があれば拡大・縮小なども使えばよいかと思います。


完成したものは、こんな感じになります。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。

    記事はありませんでした