【LibreOffice】 ワープロWriter で、はがきの宛て名印刷【住所録からの差込印刷】

LibreOffice

年賀状とかはがきの宛て名印刷は、専用のソフトを使うほうがきれいにできると思いますが、どうしてもLibreOfficeでやりたい場合はこの方法が使えます。

ダウンロードするもの

LibreOffice

「LibreOffice」無料のオフィスソフト - 窓の杜

はがき宛名書き.zip

リリース はがき宛名書き 1.0 - OpenOffice.org ドキュメントプロジェクト - OSDN

公開されたテンプレートがあるので、これをそのまま使います。

毛筆フォント

衡山毛筆フォント
「衡山毛筆フォント」JIS第二水準以降の文字まで収録の毛筆フォント - 窓の杜

無料で利用できる毛筆フォントがあるので、もし使うのならダウンロードしてインストールします。

毛筆フォントのインストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、画像のような画面になるので「インストール」ボタンをクリックしてインストールします。

はがき宛名書きの動作確認

ファイルを開く

・はがき宛名書き.odt <=これを開く
・Address.ods <= サンプルの住所録

はがき宛名書き.zipを展開(解凍)すると、上記のようなファイルが出てきます。「はがき宛名書き.odt」を開いてください

フォントを指定

文字を選択して、フォントを選ぶと、フォントの変更ができます。後からでもできるので、動作確認してから作業してもよいでしょう。

住所録を指定

差し込み印刷用のデータ(住所録)を指定します。「編集」=>「データベースの交換」から指定します。

検索から、サンプルの住所録の「Address.ods」を選択します。その後、住所録データを選択して「指定」ボタンを押します。これで、差し込み住所録の指定が終わります。

印刷

次に、印刷ボタンを押します。そうすると、差し込み印刷しますか?と聞いてくるので「はい」を選択します。

即印刷にならないですが、心配ならプリンターの電源をきるなどしておけば、間違っても印刷されないと思います。

今回は、すべてを選択します。

そうすると、画像のようなプレビュー画面になるので、そこで確認します。矢印のところで、次ページ(次のハガキ)に切り替えれるので、そこで確認してください。

「OK」を押すと、印刷になるかと思います。

サンプルの住所録を書き換える

Address.odsを開くと、LibreOfficeの表計算のcalcが立ち上がるかと思います。このファイルを編集することで、データを置き換えることが可能です。元々の形式通りに作らないと、うまく差し込み印刷はできません。

スポンサーリンク