【LibreOffice】Calc:マクロの記録

LibreOffice

メニューに「マクロの記録」を追加する

メニューの「ツール」=>「オプション」を選択します。「LibreOffice」=>「詳細」のところに、「マクロの記録を有効にする(限定的)」というのがあるので、チェックを入れます。これで、メニューにマクロ記録が出てきます。

マクロ記録

メニューの「ツール」=>「マクロ」=>「マクロ記録」を選択します。

画面のどこかに、上記のような「記録の終了」ボタンがあるような小さなウインドウが出てきます。マクロ記録はされてますので、終了したいときにそのボタンを押すと終了できます。

記録されたマクロ(スクリプト)は、LibreOffice Basic のようです。いろいろ見てみましたが、VBA互換で記録できるとかはないようです。

参考

マクロレコーダの制限
次のアクションは記録 されません。

・ウィンドウの表示は記録されません。
・レコーダを起動したウィンドウ以外のウィンドウで行ったアクションは記録されません。
・ウィンドウの切り替えは記録されません。
・ドキュメントの内容に関連しないアクションは記録されません。 たとえば、「オプション」ダイアログ、マクロの管理、カスタマイズで行われた変更は記録されません。
・選択は、選択がキーボードを使って行われた (カーソルの移動) 場合は記録されますが、マウスが使われた場合には記録されません。
・マクロレコーダは Calc と Writer のみで機能します。
マクロの記録 - LibreOffice Help

制限もあるようです。

スポンサーリンク