【LibreOffice】Writer:原稿用紙(縦書き)の設定のしかた

LibreOffice(安定版)(64bit版)
v7.2.6.2(22/03/10)で確認

宮沢賢治 銀河鉄道の夜
https://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/456_15050.html

設定ができると、こんな感じの画面になります。

原稿用紙のグリッド線を引く

メニューの「書式」→「ページスタイル」を選択

「ページ」タブで
・印刷向き:横
・文字の方向:左から右へ(縦書き)
を設定します。

「行数と文字数」タブで
・行数と文字数指定(グリッド線)
・20x20(行x列)に設定
・グリッド線を表示する

原稿用紙のマス目(グリッド線)の太さが均一でない場合は、1文字の最大サイズでフォントサイズを調整するとよい。上記のケースだと、24.05pt→24.00ptに変更すると、線の太さが均一になります。

行間の設定

実際に入力してみると、原稿用紙のマス目に文字がうまく入らない場合があります。その場合は、行間の設定を変更するとよいかと思います。

メニューの「スタイル」→「スタイルの編集」を選択

「インデントと間隔」タブで
・行間:1行
を設定します

メモ

Libre Office Writerには「縦中横」機能がないみたい。文字の書式設定で90度回転させることで代用するらしい。

スポンサーリンク